論文活動

Thesis Activities

論文活動とは

共同執筆のすすめ!

1966年度から会員の皆さまから、情報システムに関するあらゆる分野をテーマとした論文を募集しています。2011年度からは研究活動参加メンバーから、研究活動報告書を元に新たなアイデアや提言/主張/考察を盛込んだ論文募集を開始しました。
応募いただいた論文は、会員の皆さまから構成された論文審査委員会で査読を重ね、2月下旬に審査結果を公表します。入賞論文には賞金と楯を授与するとともに、特に優秀な論文については毎年春の全国カンファレンス(BITS)で発表をいただいています。

論文審査委員長からのメッセージ

粟村 義親 委員長((株)ニチレイロジグループ本社)

粟村 義親 委員長
((株)ニチレイ
ロジグループ本社)

伝統あるBIPROGY研究会の「論文」には、会員企業の「知見」が溢れています。いわば「成果」を広げるヒントの宝庫です。

日常の取り組みやプロジェクト・研究に基づく数多くの執筆には「弛まぬ改革魂」「果敢な挑戦心」が宿っています。そして、先人達から継承したタフな課題への解決に向けて、多様な視角から分析し磨き上げられた執筆には、業種や業界を超えた“適用性や有効性”がしっかりと結実しています。また、将来に向けた「斬新な発想」や「革新の提言」を展開する執筆からは、多彩な“独創性や進取性”が大きく花開く可能性を感じるものです。

共同執筆や研究活動の取り組みを発展させた「一般論文」やコンパクトな「小論文」には、その苦労や努力、主張や考察、新たな技術・手法の適用などが示され、多くの会員企業の方々が共感し、共鳴しています。論文は、新たな効果や実践的な成果を生み出す「知の源泉」として更に重宝されていくものと考えます。

イノベーションはどこで起きるかわかりません。「変革の兆しを捉え、新しい価値を生み出す論文」の魅力をより一層感じていただけるよう、今後ともご一緒に取り組んでまいりたいと思います。皆さんの知見と成果を広く知っていただくチャンスです。培ってこられた経験や知識を活かして、企業の成長、社会の課題解決、変革に結びつける「知見と成果を広げる論文」という場に共に立ち合い、大きな喜びを分かち合いながら、新たな発展を目指していきましょう。

どうぞ奮ってご応募ください。

2022年度活動スケジュール

2022年7月1日(金) 論文応募開始
2022年10月31日(月) 論文登録票 応募締切
2022年11月30日(水) 論文提出締切

トピックスバックナンバー

2017年08月08日
「論文キット2017」のご案内
2017年06月01日
2017年度論文募集開始のご案内
2017年06月01日
2017年度キャンペーンのご案内
2016年08月25日
「論文キット2016」のご案内
2015年09月11日
「論文キット2015」のご案内
2015年06月01日
2015年度論文募集開始のご案内
2014年08月28日
「共同執筆のすすめ!」キャンペーンのご案内
2014年07月15日
「論文キット2014」のご案内
2014年06月02日
2014年度 論文募集開始のご案内
2013年06月03日
2013年度 論文募集開始のご案内
2012年06月01日
2012年度 論文募集開始のご案内